ものづくり補助金・事業再構築補助金・IT導入補助金の補助金コンサルタント(申請支援・申請コンサルティング)

【工場新設】中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金

経済産業省は、2023年度補正予算案の1つとして「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」に1,000億円(国庫債務負担含め総額3,000億円) を計上しました。「中堅・中小企業業の賃上げに向けた大規模成長投資補助金」は、中堅・中小企業が、持続的な賃上げを目的に、省力化などによる労働生産性の抜本的な向上と事業規模の拡大を図るために行う工場の拠点新設や大規模な設備投資に補助が行われます。補助上限額が50億円、下限額10億円と規模が大きな補助金です。

今回は、この「中堅・中小企業業の賃上げに向けた大規模成長投資補助金」について紹介します。

 

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金の目的・事業概要

経済産業省のPR資料によると、全体像は下記のように紹介されています。

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金

 令和5年度補正予算の事業概要 (PR資料)

「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」は、地域の雇用を支える中堅・中小企業が、人手不足等の課題に対応し、成長していくことを目指して行う大規模投資を促進し、その結果、地方における持続的な賃上げを実現することを事業目的としています。

足元の人手不足に対応するための省力化等による労働生産性の抜本的な向上と、事業規模の拡大を図るために行う工場等の拠点新設や大規模な設備投資に対して補助金が支給されます。

 

「大規模成長投資」の具体的なイメージは?

補助対象事業は「工場等の拠点新設」や「大規模な設備投資」とされています。補助上限額50億円、下限10億円とかなり大規模です。下記の内閣府資料にあるような製造業の「生産工程の抜本的改革」や、卸売業の「最新設備を導入した物流センター」等、ダイナミックな投資が想定されています。

 内閣府 デフレ完全脱却のための総合経済対策~日本経済の新たなステージにむけて~ (9)施策例(全体版1)より

「中堅・中小企業の賃上げに向けた」から、地域への波及効果が大きく、持続的な賃上げや事業拡大が期待できる思い切った投資であること、「省力化」よりICTやIoT、AI、ロボット、センサー等先端的なデジタル技術を活用した革新的な事業であること、等も求められると考えられます。

 

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金の補助上限額・補助率、スケジュール

補助上限額は50億円(投資下限額は10億円)、補助率は1/3とされています。

補助額はかなり大きいですが、補助率が1/3のため、自己負担額も大きくなります。

また、2024年1月19日現在、公募は開始されていませんが、2024年1月12日に事務局の決定が公表されました。

近日中の公募開始が想定されます。

 

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金の成果目標

成果目標は、「大規模投資を通じた労働生産性の抜本的な向上と事業規模の拡大により、対象事業に関わる従業員1人当たりの給与支給総額が、地域別の最低賃金の伸び率を超える伸び率を実現する。」とされています。

大規模投資によって雇用拡大を見込む事業計画になると思いますが、会社全体の給与総支給額ではなく、「従業員1人当たりの」給与支給総額の伸び率が求められています。

また、給与総支給額以外にも数値目標や加点項目が設けられる可能性があります。

 

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金の申請に向けて【無料Web相談を受付け中】

公募開始から応募まで期間が限られる可能性があり、また少なくとも10億円以上の大型投資になるため、早めの準備が必要です。

工場の新設であれば、スケジュールや図面、導入する設備や生産ラインなど基本設計はもちろん、稼働後の運用計画、販売計画まで綿密に立てる必要があります。

また、成果目標に関わってくる人員計画も重要です。

省力化を実現しながらも大規模投資に見合った体制を構築する必要があります。

準備事項が多岐にわたることが想定されますが、当社では、代表がZoomによるWeb無料相談を実施しています。

お早めにご相談いただけますと幸いです。

 

参考:

経済産業省 令和5年度補正予算の事業概要 (PR資料)

内閣府 デフレ完全脱却のための総合経済対策~日本経済の新たなステージにむけて~ 施策例

令和5年度補正「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」に係る補助事業者(事務局)の採択結果について

【2024年版】ものづくり補助金コンサルタントの選び方

 

【執筆者のご紹介】

補助金支援コンサルタント・事業計画策定エキスパート・中小企業診断士 姫田 光太

ものづくり補助金申請支援では通算50件以上連続採択、連続採択継続中。小規模事業者持続化補助金12連勝、IT補助金では32件中30件採択。ものづくり製造業の採択率100%。平成29年度補正予算(平成30年実施)、平成30年度補正予算(平成31年実施)経済産業省系の補助金支援の採択率は100%。

事業再構築補助金のアドバイス支援では採択率90%以上継続中!現在は採択率を高めるためのアドバイザーとして補助金・助成金採択支援どっとコムの代表コンサルタントとして、また補助金コンサルタントを養成する補助金・事業計画策定講座のメイン講師を務めるなど精力的に活動中。経営者の想いを伝える事業計画づくりがモットーの補助金申請支援コンサルタント。