ものづくり補助金・小規模事業者持続的発展補助金・IT導入補助金の補助金コンサルタント(申請支援・申請代行)

ものづくり補助金(平成30年補正予算、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」

Pocket
LINEで送る

正式名称
平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」
最大金額
1,000万
募集期間
平成31年2月18日〜5月8日消印有効(第一回締め切りは2月23日)
管轄
経済産業省(中小企業庁)
補助対象
設備投資
概要
基盤技術を担う中小企業の設備投資を支援。ものづくり企業に人気の高い補助金ですが、製造業以外でもサービス業、小売業、卸売業など申請内容次第で応募可能です。
詳細
◎平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募について (2019.2.18 全国中央会) ◎ものづくり補助事業関連サイト ◎平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募について (2018.2.28 全国中央会)

ものづくり補助金とは?

経済産業省の補助金で、事業者様に最も人気の高い補助金です。革新性のあるサービス開発、ものづくりに必要な設備投資等に対して補助金が支給されます。 例えば生産用設備の購入や、新たなサービス提供に必要となる設備投資、システム開発の費用が補助されます。車両やパソコンの購入など、汎用性の高い設備はご利用になれませんのでご注意ください。

ものづくり補助金の正式名称と気になる採択率は?

平成28年度補正予算(平成29年実施分)は「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」、平成29年度補正予算(平成30年実施分)は、「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」と正式名称は年度によって若干異なりますが、基本的な枠組みは同じです。 人気が高いため、例年採択率は30%〜50%前後と低く、補助金の申請には完成度の高い事業計画書(申請書)が必要です。書類審査のみで判断されますので、書類の内容だけでなく、記載内容に不備がないかも厳しくチェックされます。

ものづくり補助金の補助上限と補助率は?

国が支給してくれる補助金の上限額は例年1,000万円が基本となっています。 また正社員20名以下の製造業(商業・サービス業は5名以下)は小規模事業者の扱いとなる小規模企業向けの申請も可能です。その場合は審査上の加点など優遇措置がありますが、補助金の上限は500万円となります。 また、国が支給する補助金は基本的には消費税別となります。国が支給してくれる補助金は後払い(約半年後)で、設備の購入等に先に資金が必要となることも注意が必要です。 また、補助金額全てを支給してくれるわけではなく、補助率が定められており、購入資金の1/2(又は2/3)までとなっています。例えば補助率1/2のケースでは、1,000万円の設備購入の場合は500万円まで、補助率2/3のケースでは1,500万円の設備購入で1,000万円まで支給してくれます。なお、補助金は基本的には返済不要となっています(一部収益が出た場合は例外あり)。

ものづくり補助金補助金申請支援の対応エリア

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、長野県は訪問にてヒアリングをさせていただきます。   下記エリアに関しては、電話又はスカイプでのヒアリングとなる場合もございます。   北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

当社採択実績について

当社の申請サポートによって様々な業種にて、ものづくり補助金が採択されています。2018年実施分の採択率は100%となっております。

 

  • 千葉県プラスチック製品製造業 / 高性能射出成形機 / 補助金獲得額1,000万円
  • 千葉県金型製造業 / 高性能NC旋盤/ 補助金獲得額1,000万円
  • 千葉県ネジ・ボルト製造業 / 最新式ローリングマシン/ 補助金獲得額1,000万円
  • 茨城県照明卸売業 / 高性能測定器/ 補助金獲得額500万円
  • 千葉県工事業 / 最新式3Dスキャナー / 補助金獲得額500万円

ものづくり補助金(平成30年補正予算、ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)支援のサービス価格

申請支援する場合はご契約と着手金(申請開始の手付金)をお支払いただき、サポートを開始します。
着手金10万円(税別)以外は、採択報酬型(採択された場合に支払い。最低50万円から採択金額の10%まで)で承ります。サポート価格には、採択後のアフターフォローも含まれます。
補助金獲得額によって、成果報酬部分の料金は変動しますのでお問い合わせください。

採択後サポートについて

補助金は事業が完了した後の「後払い」で国から支給されます。ものづくり補助金は採択後も様々な手続きがあり、「進行状況報告(中間報告)」や、「事業の完了報告」等、受給を受けるまでに経営者の負担となる手続きがあります。
採択後サポートでは、こうした報告書の作成や内容のチェック、補助事業の進捗管理等をいたします。無事に国から補助金が支給されるまで、一貫してサポートいたしますので安心です。

不採択の申請書ブラッシュアップサービス

不採択となった申請書の再提出も承ります。まずは不採択理由を分析し、事業者様に採択のポイントを説明いたします。その後、申請書を磨き上げて再提出をお手伝いいたします。
残念ながら不採択となってしまった方、補助金申請コンサルタントにご満足頂いていない方は、ぜひお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る