ものづくり補助金・事業再構築補助金・IT導入補助金の補助金コンサルタント(申請支援・申請代行)

ものづくり補助金6次結果発表!全国採択率47.7%!

Pocket
LINEで送る

ものづくり補助金サポート

ものづくり補助金の6次採択結果が発表!採択率は平均並みの47.7%

経済産業省の2020年・2021年の目玉補助金、ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)の採択結果が発表されました!

ものづくり補助金採択結果(ものづくり補助金総合サイト)

2021年5月締め切りの6次申請の採択結果が公表され、応募者数は4,875者に対して採択件数は2,326者と、例年通りの採択率47%の全国平均となりました。人気の高い事業再構築補助金の影響で、ものづくり補助金の申請数はだいぶ落ち着いたようです。

事業再構築補助金についてはこちら

比較的採択率の高いものづくり補助金ですが、それでも半数以上の申請書は不採択となっています。決して甘くはない状況ですが、申請書の内容次第では採択を狙うことは十分可能です。計画に自信のある方は是非ご検討ください!

当社のサポートによる申請については、33件中31件の採択、採択率は約93.9%となりました。無事に採択された皆様、おめでとうございます!

弊社の採択実績は以下になります。

第1次締め切り分(2020年3月) 38件中37件採択(採択率97.3%)全国平均60%

第2次締め切り分(2020年5月) 60件中56件採択(採択率93.3%)全国平均57%

第3次締め切り分(2020年8月) 82件中74件採択(採択率90.2%)全国平均38%

第4次締め切り分(2020年12月) 85件中76件採択(採択率89.4%)全国平均31%

第5次締め切り分(2021年2月)20件中16件採択(採択率75.0%)全国平均44.5%

第6次締め切り分(2021年5月)33件中31件採択(採択率93.9%)全国平均44.5%

通算(2020年3月から2021年5月、318件中290件採択、採択率91.2%)

おかげさまで通年で90%以上の採択率を弊社では維持できました。コロナ禍で厳しい状況に置かれた中小企業が多い中、少しでも皆様の資金調達に貢献でき安心しております。受かってからも事務手続きが大変なのがものづくり補助金です。補助金が振り込まれるまで安心できませんが、弊社ではしっかりサポートさせていただきますのでご安心ください。

気になる第7次の採択率は?どうなる?

通常の補助金制度は回を重ねるごとに採択率が低下(予算がなくなるため)するケースが多いのですが、今回のものづくり補助金は少し違ったようです。これは先に記載した通り、他の大型補助金(事業再構築補助金)に申請が流れているためと考えられます。ものづくり補助金は設備投資やシステム開発に利用でき、比較的採択率も高いのでチャンスはあります。また、今回のように全国平均採択率が比較的高くなることもあるので、タイミング次第では大きな設備資金の獲得が期待できます。

いずれにせよ、高品質な事業計画が求められますので、早め準備が必要なのはいつもと同じです。何度もチャレンジして不採択となった方、事業再構築で採択を受けているが他の補助金にもチャレンジしたい方、設備投資資金を何とかしたい、またコロナの影響を乗り越えたい、そんな皆さまは是非ご検討ください。初回のご相談は無料ですので、気軽にお問い合わせいただければと思います。

次回の7次申請は2021年8月17日締切です!弊社ではすでに40件以上のサポートを開始していますが、まだコンサルタントの空きはありますので、早めにご相談ください!

【執筆者のご紹介】

補助金支援コンサルタント・事業計画策定エキスパート・中小企業診断士 姫田 光太

ものづくり補助金申請支援では通算52連勝、連続採択継続中。小規模事業者持続化補助金12連勝、IT補助金では32件中30件採択など採択実績多数。ものづくり製造業の採択率100%。平成29年度補正予算(平成30年実施)、平成30年度補正予算(平成31年実施)経済産業省系の補助金支援の採択率は100%。自らアドバイザーを努めた計画書の支援数は600件以上、採択率90%以上。経営者の想いを伝える事業計画づくりがモットーの補助金申請支援コンサルタント。

Pocket
LINEで送る