ものづくり補助金・小規模事業者持続的発展補助金・IT導入補助金の補助金コンサルタント(申請支援・申請代行)

宮崎県(本社神奈川県)採択事例 株式会社正和製作所様宮崎県宮崎市(本社:神奈川県海老名市) 生産用機械器具製造業 - 「ものづくり補助金」利用

Pocket
LINEで送る

正式名称
平成30年度補正予算 「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 一般型」2次公募
受給総額
1,000万
活用内容
設備投資

補助金を活用して、小型切削加工機(ロボドリルa-Dibシリーズ)2台と加工プログラム作成用CAMシステムを導入。大手企業の高品質、短納期、多品種生産要求に対応できる生産プロセスを実現しました。

補助金申請の背景

株式会社正和製作所様は、1957年に創業した歴史ある、神奈川県海老名市に本社を持つ精密板金加工業です。
株式会社正和製作所様の現在の主な事業は、航空機や鉄道(新幹線や電車)、X線装置、ビルオートシステム等の産業機器における躯体や内装品の製造となっています。なお、本社(兼工場)は神奈川県海老名市ですが、取引先の拡大や新規事業を強化するために平成30年4月より宮崎県宮崎市に宮崎事業所を開設しました。
3次元CADを活用した精密板金加工の技術力、短納期や大量生産にも対応するためアライアンスを強化し、大手企業からも絶大な信頼を得ることに成功。伝統と信頼の技術力で業界をリードしてきました。

しかし、大手企業の品質要求は厳しく、高精度、多品種、さらには金属加工だけでなく、プラスチックや樹脂など様々な材質の加工技術習得が大きな課題となっていました。大手企業の高品質、短納期、多品種生産要求に応えるため、平成30年度補正予算ものづくり補助金2次公募を活用して、ロボドリル2台とCAMシステムを複合的に導入することで生産プロセス改善を決意。
採択率の低いものづくり補助金2次公募を突破し、ファナック社製の最新式設備を導入、これらの課題解決を図りました。

補助金の活用内容とその成果

現在では、導入したファナック社製ロボドリルとCAMシステムを有効に活用し、大手企業の引き合いに対応。当社が得意とするアライアンス戦略に加え、顧客に対する高品質化やコストダウンの提案力を強化し、高い技術力と短納期、大量対応や一貫生産体制を武器に順調に事業を拡大しています。

お客様の声

代表取締役 鈴木 隆史 様

本社(神奈川県海老名市)で加入している、海老名商工会議所からご紹介頂き、申請が二次公募でスケジュールがタイトな事もあり、今回の補助金申請をサポート頂きました。要点を的確に説明いただき申請から採択までシームレスなサポートで、初めての申請ではありましたがスムーズに手続きが進みました。
加えて弊社業務内容にも精通されており、今後の設備投資も視野に入れた記述内容や、経済産業省所轄の諸申請についてもアドバイスとご支援をいただき、ものづくり補助金は基よりエントリーした全ての申請に於いて採択となりました。
次回申請の際にも引き続きサポートをお願いしたいと考えています。

神奈川県、宮崎県の高精度板金加工なら株式会社正和製作所まで

Pocket
LINEで送る