ものづくり補助金・小規模事業者持続的発展補助金・IT導入補助金の補助金コンサルタント(申請支援・申請代行)

有限会社英工業様千葉県八千代市 生産用機械器具製造業 - 「ものづくり補助金」利用

Pocket
LINEで送る

正式名称
平成29年度補正予算 「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金 一般型」
受給総額
1,000万
活用内容
設備投資

補助金を活用して、最新式NC旋盤「マザック QUICK TU
RN 350 UNIVERSAL(650)」を導入。課題であった加工
精度の向上や、複雑な金型の量産に成功しました。

補助金申請の背景

有限会社英工業様は、昭和34年に金属加工業として創業、昭和62年に株式会社化し、千葉県八千代市にて遮断機の部品製作、ブレーキパッド等の成形用金型の企画・設計・製造を行っています。自動車ブレーキパッド成型用金型を製造開始、その後は鉄道のブレーキパッド裏金用金型の製作、オートバイレース用の金属系ブレーキパッドの裏板用金型の製作等を行ってきました。

円形状の金属加工のノウハウを蓄積し、技術力を高め、長年にわたり安定的に受注を得てきました。ものづくりの日本を代表する、様々な機械加工・部品加工が可能な企業に成長できるよう、働きがい、ものづくりの楽しさを感じられる企業を目指しています。設備投資も積極的に行い、新しい技術を吸収し、取引先の良きサプライヤーとなれるよう、従業員一同志を高く頑張っています。
 
しかし、アジアからの廉価な輸入金型に対抗するためには、加工精度の向上や、複雑な金型の量産化、新市場開拓が課題となっていました。これらの課題解決を図るため、製造プロセス改善を通じ、ロボット関節で使用される超高精度部品等の成形用金型の拡販に取り組むことを決意し、今回の補助金の申請に至りました。

補助金の活用内容とその成果

有限会社英工業様では、ものづくり補助金を活用してヤマザキマザック株式会社の最新式NC旋盤を導入したことで、生産プロセス改善、生産性の向上を実現しました。またそれにより、新製品、新分野の開拓も目指しています。当社の高い技術を認知させる術を持たなかった事から、小規模事業者持続化補助金も活用し、ホームページの完全リニューアル、新製品のカタログ等も整備しました。2019年のさらなる飛躍を目指し、展示会出展や販路拡大に向けた経営計画を実行しています。

お客様の声

代表取締役 岡島 昇 様

正直に申し上げると、補助金コンサルタントに頼むと「騙される」と思っていた。先代から引き継いだ設備や技術には自信があったが、我々のような小規模事業者に先端設備を国が援助してくれるなど夢物語と考えていた。今それが実現して本当に嬉しく思う。
支援を受けて面白いと思ったのは、様々なヒアリングをしていく中で、自社の強みや得意分野を引き出してくれて、会社のヒストリー、方向性が文章化されたこと。リーダーが向かうべき方向性を見定めることができ、自信を付けてくれるパートナーとしても感謝している。

円形状の加工、金型製作なら有限会社英工業まで

Pocket
LINEで送る